2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年 1月度例会(結果報告) | トップページ | 2011年 2月度例会(予定) »

2011年1月22日 (土)

「投げる」について考える

投げ釣りにおいて「遠投」は大きな武器となる。今回は「投げる」について考察してみた(あくまでも私の個人的な考え)。

考察とは?「ある事象に関する原因や結果などを既存の論理を用いて客観的に構築すること」と辞書にある。今回用いる既存の論理は、手塚一志氏の「ピッチングの正体」。私は以前(10年ぐらい前のこと)、母校の野球部監督を務めていたことがある。その時この本に出会い、選手達への指導に役立てた。

<釣りと野球を比較した「投げる」の相違点と共通点>

釣りは竿を曲げ、その反発力で錘を投げる。野球は手からそのままボールを投げる。したがって、釣りにおける「投げる」という動作は、竿を曲げるために行うものであり、野球のように手から直接ボールを「投げる」ためのものではない。しかし、釣りも野球も「投げる」という動作は、並進と回旋(2つの基本動作)により成り立つ。並進とは、片足を前に踏み出し、体重(重心)を移動させる動作。回旋とは、背骨を軸に身体を回転させる動作。

<投げ方の名称に対する疑問>

投げ釣りにおける「投げ方」として、オーバースロー(=セーフティースロー)、スリークォータースロー(=V字投法)、サイドスロー(≒回転投法)という言葉をよく耳にする。しかし、私自身はこの言葉(名称)に疑問を感じる。回転投法でもオーバースロー、スリークォータースローは存在し、ただ単に竿の振り幅(角度)の大小を表しているに過ぎないと考える。

<遠投力を向上させるためには>

以下、当たり前のことも含むが、私が考える遠投の秘訣である(大して飛びもしないくせに偉そうではあるが)。

1.竿を早く振る(スイングスピードを上げる)。

2.竿を早く振るために、竿の振り幅(角度)を大きくする。

3.錘を高く上げる(40~45°の角度)。

4.錘を高く上げるために、竿の振り出し方向を上にする(オーバースロー)。

とは言え、筋力、柔軟性は高いほど良いパフォーマンスを生むことは当たり前であり、飛距離アップには、日頃のトレーニングが一番大切なのかも知れない。

<手塚一志氏の「ピッチングの正体」で参考になること>

以下、「」書きは、ピッチングの正体に出てくる用語。→○○は、私自身が参考にしていることに関するコメント。

「スパイラルリリース」「二重回旋スイング」

→最後に押し込む感覚や竿がねじれないように投げるコツが分かる。

「エッジング」「ヒップファースト」

→軸足、アドレス、ステップ時の体重移動のコツが分かる。

「脊柱軸」

→深いアドレスからのオーバースローを可能にする方法が分かる。

手塚一志氏はカリスマス的なパフォーマンスコーディネーターです。この本を読んだことがない方、興味のある方、ぜひ読んでみてください。

« 2011年 1月度例会(結果報告) | トップページ | 2011年 2月度例会(予定) »

釣技・考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年 1月度例会(結果報告) | トップページ | 2011年 2月度例会(予定) »