2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 夏休みの釣果 | トップページ | 原で出ました »

2011年8月25日 (木)

夏休みの釣果(続き)

本日、吉原サーフのtamunyおじさまからいただいたコメントにお答えする内容で更新smile

まず、キスの色。もちろん我入道より白い(気がする)。ピンボケで前回アップしませんでしたが、これが瀬戸内海(今治)のキス画像ですeye

201108_

比較対象の我入道産キスはこちら↓

20110320

それでは、釣りの話しを。

前回(記事)の画像で我入道みたいな岩場と流木が写っている海岸(一番上の画像)は通称「休暇村」と言われる海岸です。魚は2色~波口にしかいません。理由を地元の人から聞きましたが「2色より沖は底が粘土質のため」と教えてくれました。確かにサビいた感触でも沖は砂地でないことがわかります。アタリ方は魚が近いため結構強烈です。型はピンが主流でしたが、大中小バラバラです。キス以外の魚影も濃く、超小型のクロダイ、メバル、マダイなどが沢山針に掛かってきました。

続いて真ん中の織田々浜海岸は、波口でピンが少々釣れただけでした。夏は海水浴場となるため魚が散っていたかもしれません。水深があり、沖も砂地で冬に大型が釣れるポイントだそうです。余談ですが後ろの建物(お城みたいな)は日本食研の焼き肉のタレ工場です。

最後、一番下の志島ヶ原海岸は、すぐ隣が川で根のある場所や海草がある場所など変化のあるポイントです(今回、一番釣果が良かったポイントです)。釣り方やアタリ方、魚のサイズは休暇村と同じ感じでしたが、ここは沖も砂地でした。冬休みかGW頃に一度遠投してみたいポイントです。

以上、こんな感じでよろしいでしょうか?コメントお待ちしております。

« 夏休みの釣果 | トップページ | 原で出ました »

遠征」カテゴリの記事

コメント

 有難うございます!夏休み瀬戸内釣行記、読ませて頂きました。

愛媛県には、今から40数年前(大昔ですね~!)アルバイト先で知り合った、宇和島出身の友達(歯科医のセガレで、日大の6年生?)と東京から、車で貧乏旅行したことが有ります。瀬戸内海ではありませんが、鯛場とか言う、岩場の下を天然の真鯛が群がり泳ぐのを見て、感激した思い出が有ります。

土佐にひとり旅したことも有ります。駅名は忘れましたが、駅に降り立つと、駅舎も無く人も居ない、目の前には、ぼう洋と広がる海が有るだけ。見渡す限り、人も車も見えない、泣きたくなる程の寂寥感と圧倒的な太平洋にしばらくは動けなかった事を憶えています。

今治に旅したことは有りませんが、四国の風景、空気は好きですね!是非今治に行って
超豪華リゾートホテルの様な日本食研の工場も見たいな~!当然、釣り竿担いでね!

むかしの思い出に耽ってしまいました。ゴメンなさい!m(_ _)m また、よろしく!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休みの釣果 | トップページ | 原で出ました »