2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月度例会(結果報告) | トップページ | 2011年10月度例会(お知らせ) »

2011年9月12日 (月)

プロ野球

今年のプロ野球も終盤戦に突入

統一球の影響なのか

例年とは全く違った試合展開が多い気がする。

パリーグの1位はソフトバンクできまりか

2位の日本ハムはダルビッシュを中4日で登板させて意地を見せるも結果は●

そして、3位争いは熾烈だ。

つづいてセリーグ

歴史と記憶に残る成績を記録しているベイスターズ今年も指定席が決定的だ。

私の中では、Aクラスの当確ランプが点灯しているヤクルトも、10月の過密日程が気になるところ。しかし、阪神、巨人、中日の3強常連チームが冴えない状況を考えると、優勝の最有力候補はヤクルトか

そして、忘れてはいけないのが広島カープ。Aクラス入りは恐らく厳しいが、福井君は新人王を取りそうな予感がする。

<どうでもイイホメーション>

最近、読書をする機会があり、自分で言うのも何だが、「ビジョナリーカンパニー(2)」というむずかしい本を読んだ。この本は、飛躍する企業の指導者と組織について書かれたもので大変勉強になる内容だった。そこで、プロ野球チームの飛躍について考えると現在、上位にいるチームは「適切な選手を選び、その後に選手に合わせて戦略を組み立てている」と思われる(結果的に)。そこには、監督の方針や球団の方針はあまり関係なく、選手自らが真のプロとして責任と規律があり、この規律こそがチームワークであると感じる。

釣りとは全く関係ない、どうでもいい情報(どうでもイイホメーション)でした

« 2011年9月度例会(結果報告) | トップページ | 2011年10月度例会(お知らせ) »

野球・ソフトボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年9月度例会(結果報告) | トップページ | 2011年10月度例会(お知らせ) »