2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

今月の釣果(2013年8月)

先週に続き、今週も海は荒れ模様

結局、今月は3回しか釣りに行けませんでした

<2013年8月の釣果>

8月 4日  5:00~11:00  原         0尾

8月13日  6:00~10:00  志島ヶ原 14尾

8月14日  8:00~10:00  志島ヶ原 11尾

                         計 15尾(/12時間)

<9月の例会予定>

日時:2013年9月8日(日) 6:00~11:00

場所:島郷

では

2013年8月29日 (木)

2013年9月度例会(お知らせ)

東海サーフ、9月の例会(予定)は、以下の通り。

日時:2013年9月8日(日) 6:00~11:00

場所:島郷

また、9月15日(日)には、同じく島郷で静投連東部の親睦会も予定されていますが、残念ながら投廻は、町内のソフトボールに出るため欠席します。

<おまけ>

例会で使う仕掛けをそろそろ作るつもりでいる今日この頃

ケイムラ全開仕様を検討中

そこで、こんなものを作ってみました

20130829_1

毎度のガラケー画像で申し訳ありませんが

左は、ケイムラパイプにケイムラフラッシャー(自作)

真ん中は、ピンクゴールド筒状ビーズにケイムラフラッシャー(自作)

左は、ささめのジェットパイプ(既製品)

ケイムラハリスにケイムラパイプ、そして、ケイムラフラッシャーを装備した仕掛けで例会に臨むつもりです

ちなみに、ささめのジェットパイプ(既製品)は、¥22/個 とちょっと高価

でも、自作ケイムラフラッシャーパイプは、¥1~2/個 ぐらいかな

では

2013年8月24日 (土)

もうすぐ夏も終わりですね

高校野球(甲子園)は、前橋育英の優勝で幕を閉じた。

そして、

MLBでは、ヤンキースのイチロー選手がプロ日米通算4000本安打を達成し、

NPBでは、楽天の田中投手が連勝記録を22まで伸ばした。

甲子園が終わり、プロ野球もシーズン終盤を迎えると

夏の終わりを感じる投廻、

40歳を過ぎてから、時間の流れが以前よりも、

更に早くなった気がする。

時間を大切にして

「できること」ではなく

「やるべきこと」と

何よりも「やりたいこと」を

後回しにぜず、行動に移したいと思った。

では

2013年8月17日 (土)

夏の四国遠征!

愛媛県今治市の志島ヶ原で釣りしてきました

毎年恒例になりつつある、この遠征

ここ数年の傾向と対策は

「2色から手前で小型の数釣り」のはずだったが

今年は6色前後で良型がポツポツの釣りとなりました

まずは、海の様子から

南北に延びる海岸の南側

20130813_1

そして、北側

20130814_1

6~8点針仕掛けを使うも掛かる魚はWまで

20130813_2

そして、たまに20cmクラスの魚が釣れました

20130814_2

チャリコやハゼ、メゴチなど外道が多数掛かる中で

30cmクラスのキビレも

20130813_3

釣れた魚はおいしくいただきました

20130814_3

<釣行データ>

2013.8.13 6:00~10:00 14尾

2013.8.14 8:00~10:00 11尾

合計 25尾/6時間

では

2013年8月 9日 (金)

ビーズの効果(つづき(詳細))

キスが好きな色ってあるのかなぁ~

釣れるビーズは何色か

これまで投廻が試した色は

①ゴールド 

②ピンクゴールド 

③グリーンゴールド 

④パールオレンジ 

⑤ブルーメタリック 

⑥パールホワイト 

⑦ケイムラ

ビーズ「有」と「無」は、

どのビーズでも時速10尾未満の場合、

統計的な有意差が認められ、

ビーズは付けた方が釣れるという結論を導き出した。

しかし、ビーズ(色)の違いで、釣果に統計的な有意差はなかった(分散分析の結果)。

そこで、投廻は考えた

ビーズの効果とは、

餌から少し離れた魚に対して、餌の在処を知らせるものであると

ということは、

砂の色、海水の色、明るさ 等で

ビーズの種類によって目立ち方に差があるはずだ(本当は)

そう考えた理由は、

「水深のない我入道や島郷でもケイムラの反応が良かった」

という興味深い、以外なデータをサンプリングできたからである。

そして、どこかで見た「エビテーション」という言葉を思い出した。

魚と人、物の見え方に差がある(きっと)。

なぜなら、魚は真っ暗な夜釣りでも釣れる。

それは、暗くても餌を見つける能力があるから。

その能力とは

視覚、嗅覚、聴力.....

何だろう

人工物であるビーズに対する反応は、

おそらく、視覚的な効果と推定した(投廻は)。

それは、エビテーションのような餌に関連する視覚効果なのか

それとも、単なるキラキラと興味を引く視覚効果なのか

いずれにしても

何でもイイからビーズは付けろ

という結論に至った。

結局、魚の気持ちは、魚じゃないと分からないね

そして、今、投廻は

ケイムラマニアになりました

では

2013年8月 6日 (火)

ケイムラ好評???

昨日の夜

ケイムラ仕掛の発光画像をアップした

その後、アクセス件数が

ケイムラマニアのみなさん

バウオ@スーパーハードポリアミドプラス

使いたくなりましたか

今後の投廻

バウオ@スーパーハードポリアミドプラスと

普通のハリスの統計的な有意差を検証します

<検証リスト>

①ハリスとして普通に使えるか?浅い海、波口の釣果には有意差がない

②カモフラージュ効果はあるのか?波口の針のなくなり方には有意差がある

③ケイムラ効果はあるのか?深い海の釣果には有意差がある

では

2013年8月 5日 (月)

夏の遠征計画

まず、昨日の日曜日

通信大会は原でボーズを食らった

来週の土曜日は、原の同じ場所で

釣りをお休みして地引網(予定)

そして、日曜日か月曜日には、四国へ行ってきます

たぶん、竿を出す場所は、志島ヶ原

ここは、フグが多い

投廻、今回のフグ対策は

パイプで針のチモトを保護するぜ大作戦

20130805_1

画質が悪くて良くわからないこの仕掛け

暗所でUVランプを当てると

20130805_2

ジャーン

ハリスとパイプはケイムラです

パイプは、TOHOの0.6mm

ハリスは、バウオ@スーパーハードポリアミドプラス 4lb

普段、フグの少ない場所で釣りをする投廻

「パイプで針のチモトを保護する」のは

原で針を取られる時に時々実行する作戦です

針を持っていく魚

釣り上げれば、正体は判明します

「原(沖)でフグに針を取られた」と体験した人に一言

フグの正体は、大半がカワハギです

<今日の落ち>

ただ、この作戦

フグを沢山釣って

どうなんですかねぇ~

では

2013年8月 1日 (木)

気合と根性!

「気合と根性」

これ、投廻の座右の銘

ただ、多くの人は、「気合と根性」を正しく理解していないと感じる

「気合と根性」

それは、精神論ではない

あらゆる全てを考え、できることをやり尽くし、

最後の本番を向かえ、実行する時の心構え

これが、投廻の考える「気合と根性」である

話しは変わって

ケイムララインのバウオ@スーパーハードポリアミドプラス

反応が良く、アクセス件数が上昇した

ハリスとして販売されていないルアー用ラインをハリスとして試す

この発想も「気合と根性」の大事な準備の一つと考える

何方かバウオ@スーパーハードポリアミドプラスを試してみた人

感じたこと何でも良いのでコメント待ってます

反響によっては、本気でケイムラハリスの製造販売をメーカーにお願いしてみます

では

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »