2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« ケイムラ好評??? | トップページ | 夏の四国遠征! »

2013年8月 9日 (金)

ビーズの効果(つづき(詳細))

キスが好きな色ってあるのかなぁ~

釣れるビーズは何色か

これまで投廻が試した色は

①ゴールド 

②ピンクゴールド 

③グリーンゴールド 

④パールオレンジ 

⑤ブルーメタリック 

⑥パールホワイト 

⑦ケイムラ

ビーズ「有」と「無」は、

どのビーズでも時速10尾未満の場合、

統計的な有意差が認められ、

ビーズは付けた方が釣れるという結論を導き出した。

しかし、ビーズ(色)の違いで、釣果に統計的な有意差はなかった(分散分析の結果)。

そこで、投廻は考えた

ビーズの効果とは、

餌から少し離れた魚に対して、餌の在処を知らせるものであると

ということは、

砂の色、海水の色、明るさ 等で

ビーズの種類によって目立ち方に差があるはずだ(本当は)

そう考えた理由は、

「水深のない我入道や島郷でもケイムラの反応が良かった」

という興味深い、以外なデータをサンプリングできたからである。

そして、どこかで見た「エビテーション」という言葉を思い出した。

魚と人、物の見え方に差がある(きっと)。

なぜなら、魚は真っ暗な夜釣りでも釣れる。

それは、暗くても餌を見つける能力があるから。

その能力とは

視覚、嗅覚、聴力.....

何だろう

人工物であるビーズに対する反応は、

おそらく、視覚的な効果と推定した(投廻は)。

それは、エビテーションのような餌に関連する視覚効果なのか

それとも、単なるキラキラと興味を引く視覚効果なのか

いずれにしても

何でもイイからビーズは付けろ

という結論に至った。

結局、魚の気持ちは、魚じゃないと分からないね

そして、今、投廻は

ケイムラマニアになりました

では

« ケイムラ好評??? | トップページ | 夏の四国遠征! »

釣技・考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケイムラ好評??? | トップページ | 夏の四国遠征! »