2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

今日は予報通り嵐でした

天気が悪く、暇な日曜日でした。

暇なのでネットでいろいろな人のブログをのぞくと

新しい竿を買ってガイドに悩んで楽しんでいる人がチラホラ

そして、トルザイトを使う予定という人が随分いるようで

投廻もトルザイトを入れようsign01

と決心しましたsign03

今回、トルザイトを導入するロッドは

newSundownerCP 35-405

トルザイトはSiCより柔らかいため、

トップとチョークガイドへの導入は見送り、

穂先側の3つに導入します。

トップからこんな感じで↓

#1 MNST10-KWTG8-KWTG10-KWTG12-KWSG20

#2 KWSG30L

6点ガイドは変更なしです。

<おまけ>

トルザイトリングを導入した7点ガイドシステムの回帰分析例を添付しますhappy01

「SPC_7guide_20140330.xlsx」をダウンロード

↑オーシャンガイドや片足ガイドのデータも入ってます。

ガイドの種類や間隔をいじって、自分に合った、寄与率が高い

ガイド設定を計算すると楽しいですよhappy01

2014年3月29日 (土)

投げ練してきました

まずは今日の富士山fuji

20140329_fuji

霞んで良く見えませんでしたcoldsweats01

今日は、50投の投げ込みを行うため、

SundownerCPⅡ 33-405

錘30号

普段の釣りと同じ負荷で投げました。

ここで、ちょっとだけ大好きなガイドの話しcoldsweats01

このサンコンⅡ(2014改)は、

#1がトップから 8-8-8-10-12

#2が 20-30 で16がありませんsmile

20140329_scp2_33

これが投廻的にGoodなんですsign01

チャンプH坂お兄さんのガイドを参考にして

ラインフローを回帰分析した結果

KWガイドのリングサイズ(SiCの場合)は

トップから 8-8-8-8-12-20-30 がベストでした。

<今日の所感>

竿が軽く感じた おかげで

竿が軽く振り抜け、飛距離がアップした(かなぁsign02

この冬、newSundownerCP 35-405、錘33号で

通常よりも負荷を上げてトレーニングした成果を実感しました。

2014年3月28日 (金)

プロ野球 開幕

始まりましたプロ野球baseball

楽しみが増えますhappy01

でも、土日の天気が気になります。

明日の予報は、風が少し強いらしい。

そして、明後日の日曜日は、雨が降るようだrain

とりあえず、土曜日の早朝は、我入道で投げ練 します。

2014年3月23日 (日)

2連投

今日も我入道で投げ練してきましたsun

まずは今日の富士山fuji

20140323_fuji

流石に2連投で若干身体が重い感じでしたが、

5投×7セット、全35投しました。

最後の5投は、釣りを意識して、錘30号。

その他は、錘33号でトレーニング。

今日のテーマは、8割の力で弾道を高めにして7色半

まあまあでしょうかsign02

疲れもあって最後の方は、右抜けを2投ほどやらかしましたsweat02

途中、才次郎さんが動画を撮ってくれたので、

その1投はフルスイングしました(8色弱)。

<おまけ>

今日の我入道は、釣り人が沢山いました。

チャンプHお兄さん、ファイナリストWさん、中師匠、才次郎、Yさん、Mさん、

投梁殿、IS2さん、、、その他多数。

魚は確かに釣れ始めています。

20140323_kisu

投梁殿、最後のW、見事でしたsign01流石ですsign03

2014年3月22日 (土)

予定通り

我入道で投げ練してきました。

まずは今日の富士山fuji

20140322_fuji

竿はnewSundownerCP 35-405

ガイドはトップから

MNST10,KWSG10,KWSG10,KWSG12,KWSG16,KWSG30L

今日、確認したかったことは、KWSG30LとKWSG16の間で

「ラインが竿を叩く」現象についてeye

なぜ、ラインが竿を叩くのか?

原因の一つは、↓の画像で見て分かる通り

20143022_scp35405_guide1

ガイド径が30mm→16mmと急激に狭くなり、背の高さも低くなっているからsign01

分かっているなら、ガイド径を30mm→20mm→16mmにすれば良く、さらには、6点から7点にガイド数を増やして間隔を狭くすればもっと良いsign03

でも、そんなに単純ではない気がしていたので、今日は、投げ練をしながら、いろいろ考えた。

今のガイド設定は、ジョージさんにアドバイスをいただき、富士工業の新理論を参考に納得して決定した。

新理論に従い、また、投げは友あれ(ダイワ)の記事(大野さん)も参考にして、ラインを早く収束させるため、KWSG16のチョークガイドに接するラインは、ほんのちょっと、くの字に折れ曲がっている。

20140322_scp35405_1_2

20140322_scp35405_kwsg16_2

これが抵抗になってラインスラッグが発生するのかなぁsign02

それとKWSG16だと背が低いのかなぁsign02

でも、「ラインが竿を叩く」現象 は毎回発生するわけではなく、

発生してもトラブルになるような大きなラインスラッグが出ているわけでもない。

sign01

「ラインが竿を叩く」現象 が発生する投げ方と何も起こらない投げ方の違いが分かった。

この投げ方の違いとは、要はラインを押さえる指を放すタイミングが遅いか早いかの差で、

タイミングが遅く、錘の弾道が若干低い時に、ラインが竿を叩いていた。

本当のところはわからないが、おそらく、ラインスラッグは毎回出ていると思う。

投擲の際、フィニッシュで竿はバタつくが、このバタつきと力糸のラインスラッグのタイミングが一致した時に、ラインとロッドが接触していると考えて、勝手に納得した。

当分は、もっと投げ込んで、フォームを固めることだなsign01

1年経っても上達せず、気になる場合は、ガイド設定を見直そうっとhappy01

<おまけ>

今日は、竿を折ったオジサマと一緒になった。

そして、オジサマにも投廻のサンダウナーを振ってもらった(折らないでよcoldsweats02

結果は、錘33号で9色弱(無風)、錘30号で8色(若干向かい風)

流石ですsign01

ちなみに投廻

錘33号で8色、錘30号で7色半強

あと、我入道、魚釣れ始めた感じですsmile

2014年3月21日 (金)

明日の予定

今日、金曜日は、天気予報通り、風が強く

家で高校野球を見てましたbaseball

明日、土曜日の天気予報は、風もなく晴れるらしいsun

明日は、我入道で投げ練だなsign01

2014年3月20日 (木)

明日から3連休!

金曜日は風が強いらしいdespair

土日は投げ練できるかなぁsign02

newSundowner 35-405 もう少し振ってみて

確かめたいことがあるんだよねsmile

とりあえず今晩はbeer

その後bottleだなsign01

2014年3月17日 (月)

竿の錘負荷と飛距離

よく「体力に合った竿を使いましょう」って聞くが

投廻の体力に合った竿は、やっぱり33号だよなぁ~。

でも、サンダウナーの33号と35号を投げ比べた結果、フルスウィング時では

35号の方が半色程度、飛距離が伸びると土曜日の投げ練で判明。

中師匠も竿を折ったオジサマもこの結果に対して

「当たり前」とのご意見をいただいた。

今日のテーマに対する答え

飛距離が欲しけりゃ硬い竿を使え!

ここから続きは、投げ練の感想(メモ)

投廻のサンダウナーCPⅡ 33-405改(2014仕様)

トップから

T-MNST8,T-KWSG8,T-KWSG8,T-KWSG10,T-KWSG12,T-KWSG20,EMNSG30

の7点ガイド(#2は2点ガイド)でリールシートは840mm、バットガイドまでは1200mm。

逆付けしたバットのオーシャンガイドはイイ感じ(投げ練の感触)。

飛距離は欲しいけど、日々デスクワーク(温室育ち)の中年オヤジには

サンダウナーCPⅡ 33-405が今年もエースロッドになりそうだ。

このまま書き続けると

また、ガイドの変態話しになりそうなので

今日はここまで。

2014年3月14日 (金)

明日は投げ練、明後日は子連れソフトボール?

先週は、シ〇ノの竿が折れた画像をアップしたら

アクセス件数もアップしたsign01

そして、今日、病院で血液検査の結果を聞いた。

思ったより良好で一安心。

でも、今後は飲み過ぎに注意だなsweat02

元気なことが分かったので

明日は、我入道でサンコンⅡ 33-405改の投げ練したいなぁ。。。

日曜日は子守りの当番だけどソフトボールの試合がある。。。

子連れで参加しよっとbaseball

おしまい

2014年3月 9日 (日)

日曜日の出来事

まずは昨日の富士山fuji

20140308_fuji

そして、日曜日の朝sun

20140309_sakura

↑何ていう桜ですかねぇcherryblossom

例会は欠席してソフトボールの試合に出かけましたbicycle

ソフトボールの試合は

オサカベ杯という大会の準決勝

中沢田と対戦しましたbaseball

投廻は5番セカンドで出場しましたが

あまりイイところなしで

チームも惜敗してしまいましたbaseball

そして夕方

ピンポーンsign01

20140309_kwtg

いつ使うか未定ですが

新しいもの(トルザイト)を仕入れましたnew

そして夕食後

20140309_kazu

息子の誕生日をお祝いしましたhappy01

おしまい

 

2014年3月 8日 (土)

だれですか?

シ〇ノ

キ〇〇〇〇ル405AX

#3が↓

20140308_yonesan

20年ぐらい前の古い竿だからさ。。。

へヘへぇ。。。

だってさ(´ρ`)

 

2014年3月 6日 (木)

またガイドの話し

本当にビョーキですsweat02

でもこれで最後にします(ガイドの話しは)。

投廻が一生懸命考えた

Sundownerに関する

Sundownerのための

ガイド設定を紹介しますsign01

G_scp

↑表の赤文字部分はトルザイトを入れてみました。

また、今回は、リングの厚み、Kガイドの傾斜角度70°を考慮して

ラインフローを計算しました。

では、表の上から順に

Scp2_1

Scp2_2

Scp2_1_6g

3つのモデルについて、設定思想(能書き)は省略しますが

直線近似式(グラフ左下の式)の寄与率(R二乗)が高いほど

ラインの抜けが良いと考えます。

<おまけ>

エクセルファイル「guide_p20140306.xlsx」をダウンロード

ではpaper

2014年3月 2日 (日)

2014年3月度 例会(お知らせ)

日時:2014年3月9日(日) 7:00~12:00

場所:我入道

投梁殿へ(業務連絡)

天気次第ですが、前日の土曜日は例会の下見しませんか?

投廻、今月の例会は欠席しますので、計量セットを預けたいと思います。

ではpaper

2014年3月 1日 (土)

Sundowner CP Ⅱ 33-405 ガイド微調整

最近、竿のガイドについてばかり考えていた。

やっぱり、こうした方がイイって思ったことは実行しないとね。

ということで、オーシャンガイド(EMNSG30)を買った!

ガイド微調整前のイメージは↓

Scp2_33405b

(注意)実際のラインフローは、ほとんど直線です。違いが分かるようにX軸のゲージを10倍してます。

そして、調整後↓

Scp2_33405a_2

変更点は、#2のガイド2つ。

エクセルファイル更新しました。

興味ある方、詳細はこちら「guide_p20140228.xls」をダウンロード

ではpaper

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »