2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ダイワ@原 | トップページ | 20140726@島郷 »

2014年7月23日 (水)

Fishing for six sigma 2014

昨年、ダイワSBC投 Bブロック大会を目指して

DMAICを取り入れ、釣りをいろいろ考えた。

そして、それなりの成果を上げた。

今年、昨年の結果をレビューして

冬場、投練に励み、2年連続、3回目のブロック大会進出ができた。

しかし、大磯の予選では、投練の成果を発揮する試合展開とはならず

1回戦で敗退。

千浜の予選ではそれなりの距離の魚を釣り

ブロック大会の原でも遠投で魚を釣った。

今年のレビュー詳細は省略するが、

千浜も原も遠投が必要な状況ではなかった。

実際、ブロック大会では、ダイワ高橋さんの釣りを近くで見ることができた。

名人と呼ばれる方の釣りは、ちょいっと投げてあの辺に錘を置いて

途中のこの辺はスルーして、最後の波口でもう一回錘を置いて、、、と

砂の溜まったピンポイントを攻めているように見えた。

そして、頻繁に横の移動を繰り返していた。

簡単に文書で記してみたものの、これって非常に難しい。

とりあえず、メトリックとPFD、FMEAは更新する予定だが、

今年の秋は、目的を持って波口のピンギス釣りを練習する必要性を感じた。

そして、せっかく近くに原海岸があるのだから、原の波口も練習して

飛距離第一主義を改め、本当の釣技とは何なのか?追求したい。

« ダイワ@原 | トップページ | 20140726@島郷 »

釣技・考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイワ@原 | トップページ | 20140726@島郷 »