2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« ダイワ@千浜 | トップページ | ロードマップ(Roadmap for DaiwaSBC in Hara) »

2014年7月 8日 (火)

大会結果のレビューについて

はじめに、ダイワ@千浜の大会結果(詳細)はこちら↓
http://all.daiwa21.com/fishing/event2/data/nage/2014nage/140706/download/kekka.pdf

クダラナイ能書きにお付き合いできる方、よかったら続きを読んで下さい。

投廻、魚釣りを始めて早8年、ダイワSBC参戦歴7年で
予選通過率(ブロック進出率) 3/8回 がこれまでの実績。
ちなみに、ダイワ以外のメーカー大会には出場したことがありません。

メーカーの大会に出場する目的は、人それぞれだと思いますが、

投廻の場合は、
自分の実力を成績として確認することができる場所かなぁ~
と思っています。

そこで、投廻が考える、大会の成績として表れる実力とは
「釣技と運、足りない部分を補う努力」の結果 かなぁsign02

運も実力の内、マグレは続かない、努力の賜物、、、たくさんフレーズが浮かんできます。

以下、投廻の勝手な定義を記します。

「釣技」について
餌、仕掛け、ポイント、投擲 等の釣果を左右する因子がそれぞれ高い水準にあり、
各因子を上手く組み合わせて相互作用させる状況判断力が高い人達を
「釣技を有する人(釣りが上手い人)」とします。

「足りない部分を補う努力」について
計画(事前の準備)と確認(事後の反省)、それと練習(普段の釣り、投練)
これに多くの時間を費やし効果的に釣技へ変換できる人達を
「努力ができる人」とします。

以上を踏まえて、今年の投廻はどうだったのか?

ダイワSBCの最終結果をレビューしたいと思います。

乞うご期待paper

« ダイワ@千浜 | トップページ | ロードマップ(Roadmap for DaiwaSBC in Hara) »

例会・大会」カテゴリの記事

釣技・考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイワ@千浜 | トップページ | ロードマップ(Roadmap for DaiwaSBC in Hara) »