2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

2014年9月

今月は、運動会、お祭り、ソフトボールと行事が立て込みsweat01

釣行回数 3回down

釣行時間 10.5時間down

釣果 38尾(3.6/hr)down

でしたweep

明日の投廻

10時から用事があり、会社は休みを取りました。

sign01

早朝は我入道でちょこっと釣りする予定ですhappy01

2014年9月25日 (木)

餌の話し

今日は餌の話しをチョット書いてみますhappy01

投廻、大会など本気モードで釣りをする時は、

魚のサイズで最初につける餌を選びます。

例えば

波口のピンギスや冬場の我入道では、ジャリメ(赤イソメ、日本ゴカイ)。

原では、青イソメ(朝鮮ゴカイ)と東京スナメ(チロリ) って感じです。

要するに、

大きい魚には太くて大きい餌を、小さい魚には細くて小さい餌を

ってことですsign01

針と基本的な考え方は同じです(投廻の場合)。

ちなみに

東京をメインにその日の当たり餌なんて考え方もあると思いますが、

それは、型が揃うトップシーズンの話しだと思ってます。

今日はここまでpaper

2014年9月22日 (月)

20140922@我入道

昨日の予告通り、朝7時、我入道へ行っていきましたcar

20140922_fuji

現地では、久々にlukemura兄さんとお会いして
11月頃には、「チョット早めの忘年会をやろうsign01
ってことになりましたhappy01

<概要>

日時:2014年9月22日(月) 7:00~10:00

場所:我入道(グランド横からボート小屋下まで)

釣果:10尾(8~17cm)

1投目、根掛かり。
2投目、ファーストキス。

20140922_g1

サイズは、15~16cmってところですかね。
その後は、ピンがポツポツ。

20140922_g2

lukemura兄さんは、ボート小屋の下で良型を丁寧に釣り上げsign01
10時前、お帰りになられたので、マネしてみるとsign02

20140922_g3

良型が掛かってきました。

<タックル>

竿:サンダウナーCPⅡ 33-405(Rev.2015)

リール:トーナメントサーフZ45Ⅱ

道糸:PE 1.0号

力糸:PE 6号

天秤・錘:いのまた木錘30号・L字ブラ天秤

仕掛け:モトス1.5号,ハリス0.8号,T-1 4号(6点)

餌:ジャリメ

paper

2014年9月21日 (日)

明日は釣りに行きます

今日は終日、町内のお祭りで疲れましたsweat01

明日、月曜日は、県の施設(動物園、科学館、博物館)がお休みなので

午前中は、久々に我入道へ行ってみます。

子供との遠足は、火曜日に延期します。

paper

2014年9月19日 (金)

明日から4連休

4連休の人って結構いるんでしょうねsign01

明日の予定は、車の点検と時間があったら病院で痛風の診察を受けたいなぁ~。

明後日は、町内のお祭りで朝から晩まで、、、beer

そして月曜日、運動会の振り替え休日で息子二人を連れて何処かへ遠足する予定rvcar

連休の最終日、天気次第で釣りに行けるかなsign02

paper

2014年9月15日 (月)

20140915@島郷

現地到着は、朝6時

20140915_tougo

静浦漁港からシラス漁の船団が出港したところでした。

20140915_fuji

富士山は見えたり、雲で隠れたり

大分涼しくなりました。

<概要>

日時:2014年9月15日(月) 6:15~9:45

場所:島郷(海水浴場) *3本柱からスピーカーの下

釣果:16尾(12~16cm)

20140915_kisu1

20140915_kisu2

ほとんどが単発、たまに連掛けがある程度でしたが、

周りの釣り人は、0~数匹程度なので、まあまあってところですかね。

<タックル>

竿:サンダウナーCPⅡ 33-405(Rev.2015)

リール:トーナメントサーフZ45Ⅱ

道糸:PE 1.0号

力糸:PE 6号

天秤・錘:いのまた木錘30号・L字ブラ天秤

仕掛け:モトス1.5号,ハリス0.8号,T-1 4号(6点)

餌:ジャリメ

paper

2014年9月14日 (日)

土日の出来事

土曜日は小学校の運動会でした。
日に焼けて、立ちっぱなしで、ビデオ回して
それなりに疲れましたsweat01

今日、日曜日は、ソフトボールを2試合もやってきましたbaseball
投廻、人が少なかったので2試合フル出場です。
今日はバットにボールが当たってくれたおかげで、久々に気持ちィ~heart04って感触を味わい、沢山走って、良いトレーニングになりましたhappy01

ちなみに、バットは、ルイスビルスラッガーの「カタリスト*」を使ってますsign01
*2012年に発売された「てんとう虫」の復刻版(グリーン)

このバット、よーく飛ぶんですsign03
カーボンシートを何層も重ねて成型された「コンポジットバット」っていうヤツです。
まあ、釣り竿と同じだなhappy01

明日は島郷(海水浴場)で釣りする予定ですpaper

2014年9月 9日 (火)

2014年9月度 例会(お知らせ)

日時:2014年9月14日(日) 6:00~11:00

場所:島郷

<連絡>
投廻は例会当日、町内のソフトボールがありますので、
朝、検量セットを持って行きますが、例会は欠席します。

第3回静投連(福田)は、10月5日(日)に変更しました。

2014年9月 8日 (月)

ガイド足の長さについて(9月2日の能書き続き) ~ガイドの話し~

まず始めに、前回忘れたSundownerCPⅡ33-405(Rev.2015)#1の画像から

20140906_812b

下から穴を覗いた感じは↓

20140906_812a

ウ~ん イイ感じheart04

それでは、今日の本題

投擲の際、竿はどうやって曲がるのかsign02というと

投げ釣りをやられる方は、御存知の通り、

ラインがガイドに接することでロッドに力が加わり、竿は先から曲ります。

したがって、ラインがガイドに触れないとロッドに力が加わりません。

そこで、こちらをご覧ください↓

Scp2_2015gl

↑グラフのガイド設定は以下の通り

#1:MNST8,KLSG8,KLSG8,KWSG8,KWSG12

#2:KWSG20,MNSG30

MNSG30→KWSG20→KWSG12 の

3チョークガイドシステムを採用しています。

穂先側は柔らかいのでラインとガイドが若干離れていても影響は低いと考えます。
(すぐに曲がってラインがガイドに触れるから)

しかし、チョークガイド部分は穂先よりも硬いため、ラインとガイドが離れていると

投擲時、ロッドへ力が加わるタイミングに一瞬の間ができます。

この間が扱う人の好みによって左右する「投げ心地」となります。

投廻は、グラフの黒線のようにチョークガイドの足が直線になるように

バットガイドはMNSG30(オーシャンガイド)を採用しましたsign01

ちなみに、newSundownerCP35-405の場合は、

6点ガイドの2チョークガイドシステムのため

バットガイドにKWSG30Lを採用していますが、

こちらもほぼ直線となっていますsign01

以上、今日の能書き、おしまいpaper

2014年9月 6日 (土)

20140906@島郷

予告通り、海水浴場へ行ってきました。

20140906_fuji

気温も高く、富士山は霞んでいました。

そして、8時半の男 Mr.IS、時間通りの出勤、楽しくご一緒させて貰いましたhappy01

魚の方は、数が随分減り、14~16cmのサイズがポツポツ釣れる程度でした。

<概要>

日時:2014年9月6日(土) 7:00~11:00

場所:島郷(海水浴場) *3本柱からスピーカーの下

釣果:12尾(14~16cm)

20140906_a

ISさんはジャリメで1尾しか釣れず、東京を1匹御裾分けしたところ、ポツポツと3尾釣り上げました。最近、入手が難しくなってきていますが、ピンギスが釣れ出すまでは、東京に分がありそうですsign01

<タックル>

竿:サンダウナーCPⅡ 33-405(Rev.2015)

リール:トーナメントサーフZ45Ⅱ

道糸:PE 1.0号

力糸:PE 6号

天秤・錘:いのまた木錘30号・L字ブラ天秤

仕掛け:モトス1.5号,ハリス0.8号,T-1 4号(6点)

餌:東京(生)

<おまけ>

ガイドを微調整した SundownerCPⅡ_33-405(Rev.2015) の外観チェックしました。

まずは、トップガイドとティップガイド(T-MNST8,T-KTSG8×2)

20140906_mnstktsg8

続いて、ベリーガイド(T-KWSG8)

20140906_kwsg8

そして、チョークガイド(上から T-KWSG12,T-KWSG20,MNSG30)

20140906_kwsg12

20140906_kwsg20

20140906_mnsg30

以上、ラインが全てのガイドに接して

ティップガイドとベリーガイドがロッドに近くなり、

重量も約1g軽量化した結果、感度サイコーsign01

になりました。

その後、今日は最後に30分間の投練を決行。

ライン1号、錘30号で飛距離は平均170m位でした。

10m5色ラインは〇色よりも〇mと正確な距離が把握できます。

明日の投廻、校区際で釣りはお休みですweep

paper

2014年9月 5日 (金)

土日の予定

先週の土日は、

土曜日、長男と二人でラグーナ蒲郡(目的は妖怪ウォッチ)car

日曜日、ソフトボールbaseball

釣りは、できませんでしたweep

今週は、明日、島郷(海水浴場)へ行ってみようと思います。

竿は、エース、SundownerCPⅡ_33-405(Rev2015)sign01

投練も少しやりたいですなぁ~paper

2014年9月 2日 (火)

<訃報>上甲監督

今日、愛媛県高校野球の名監督、上甲正典監督が逝去されました。

本当にびっくりしました。まだ67歳だったんですね。

私は、妻が愛媛県出身のため、愛媛県の野球について、いろいろ見たり、聞いたり、調べたりすることがあります。その中から、上甲監督のエピソードを一つ紹介します。

それは、私と愛媛のおじさん(親戚)がテレビで甲子園中継を見ながら交わした会話の中で聞いた話しです。楽天のドラ1ルーキー、松井投手が甲子園で愛媛県代表の今治西高戦で奪三振記録を更新した時でした。

おじさん:「甲子園に済美が出ていれば。。。」

投廻:「今年の済美はそんなに強かったんですか?」

おじさん:「安楽くんって本当にすごい1年生投手がおって、打つ方もすごいんよ!」

投廻:「なぜ、済美は今西に負けたんですか?」

おじさん:「まだ1年生だから将来もあるし無理させなかったんだよ。」

安楽投手の起用については、後に日米で大きな話題となりましたが、本当の上甲監督は、選手のことを最優先に考える素晴らしい指導者だったと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

サンダウナーCPⅡ_33-405(改2015) ~ガイドの話し~

まずは、こちらをご覧ください↓

Sundownercp_334052014

四国遠征時に撮影した画像です。

↑を付けたガイドがラインに触れていません。

このガイド、Fujiの標準仕様(チョークガイド以外は)なんですけど。。。

そこで、DMAICを学んだ投廻としては、ガイドの設定をデータで現状把握します↓

Scp2_2014

データをグラフにすると、赤矢印を付けた2箇所でラインの当たりが弱いと分かります。

この当たりの弱さは、竿の感度に大きな影響(感度低下)を与えます。

そして、緩やかなカーブよりも、くの字に曲がった角は、

ラインへの抵抗が大きいと考えられます。

では、どのようにガイドとラインが接すれば良いのか?

投廻は、グラフの赤いプロットが2次近似曲線(赤の点線)に乗る、

寄与率(R二乗)が高いガイド設定が良いと考えます。

今回、ガイドをデザインして作ることができない投廻が、

市販品のガイドを組み合わせて考えた結果↓

Scp2_2015

寄与率(R二乗)99.98%(99.91%から0.07%改善)のガイド設定を実現しました。

グラフの元データ(表)はこちら↓

Sundownercp_33405_d

表を見て分かりますか(気付きましたか)?

8月24日にアップした記事の通り、KTSG8をティップ部に2個入れて、

同じサイズで背の高いKWSG8をベリーガイドにしてます(Fujiの新理論を参考にして)。

そして、Kガイドは傾きによってラインフロー断面の径がリング内径より小さくなります。

次回は、投げ心地を左右するグラフの緑線について、能書きを披露しようと思います。

緑線、それは、ガイド足の長さ。

これも2次近似曲線に乗るよう設定すればラインフローはGoodなんですけど、

投げ心地や飛距離を考慮するとそんなに単純ではありません。

以上、今回はここまでpaper

2014年9月 1日 (月)

2014年8月

今日から9月になりました。

先月は四国遠征もありましたが、台風の影響で夏休みがあったのに

釣行回数は4、釣行時間は14.5hr、釣果125尾 でした。

今、サンダウナーCPⅡ_33-405 のガイドを調整してますsign01

近々、ガイドの話しをアップしますpaper

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »