2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 20141122@我入道 | トップページ | 20141124@島郷 ~釣れない情報~ »

2014年11月22日 (土)

ガイドの考察

投竿のガイドって

どの位置に

どれくらいのリングが

配置されると理想的なんでしょうかねぇ~sign02

フジのHPに「オオムラ セオリー」ってのがあるけど

読むと結構面白いhappy01

でも、全部を信じていいのかなぁsign02

そこで、投廻が大好きな φ30→20→12(SiC) 3チョークシステムで

寄与率100%の配置例(高さと間隔)を考えた

まずは、トップガイドに市販品のMNST12を使用した

最少ガイドリングが10の糸抜け重視モデル↓

405_6g_1

↑こんなに背の高いガイドだとパワーロスが大きくなって

飛距離の安定性と感度は低下すると予想できる

sign01

緑の線を直線にした

糸抜けを重視しつつ改良したモデル↓

405_6g_2
データ詳細はこちら↓

405_6g_2d

若干の違いはあるけど

HV、SVガイドって

こんな感じで設計されたんじゃないかな~

あと、黒線と矢印は

LC、Kガイドの考え方について

イタズラ書きしたもの

糸抜け(飛距離)重視のガイドでは

背と足を

どこまで低くできるのかsign02

研究は、まだまだ続くpaper

<余談>

フジがカタログに載せているKWガイドの設定は

ラインフローの寄与率がメチャクチャ悪い(気がする)sign01

Kw_fuji_spec

どうやって決めたのかなぁ~sign02

« 20141122@我入道 | トップページ | 20141124@島郷 ~釣れない情報~ »

釣技・考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20141122@我入道 | トップページ | 20141124@島郷 ~釣れない情報~ »