2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 20150208@原 | トップページ | 2015年の静投連 »

2015年2月16日 (月)

lukemura兄さんからの計算依頼(結果報告)

lukemura兄さんは

シマノJCのファイナル出場経験を持つ

投廻の釣り飲み仲間ですhappy01

この度、SundownerCP_33-405を購入したらしく

ガイド設定の計算依頼がありました。

依頼内容は

トップから 8-8-10-12-16-20-30L(全てKWSG)

位置はメーカー推奨値 これってどうなのsign02

計算結果↓

Lukemura_1

Lg1

特に問題のないガイド設定ではありますが、

赤線がきれいな曲線になっていない(特にティップ部)

ことはグラフを見て分かると思います。

そこで、投廻はsign01

これをきれいな曲線にして(R二乗を1に近づける)

ストレスの少ないラインフローと感度アップを提案します↓

Lukemura_2

☆提案1のグラフ↓

Lgt1

チョークシステムを

30L-20-12にすることで

直線性が増し、軽量化もされます。

☆続いて、提案2↓

Lgt2

トップに10を配置することで

ラインの放出抵抗が軽減されます。

また、穂先側のティップとラインの接触が良くなり

感度も良くなるはずです(提案1と比べて)。

☆最後に投廻が最もお薦めする提案3↓

Lgt3

ティップにKT8を採用することで

トップガイド(MNST8)との高さが揃います。

そして、何よりも

片足ガイドはロッドの曲りと反発を阻害しないので

飛距離の面も有利になります。

なお、このガイドシステムで安心して使用できるラインは

1.2号以下であることをご承知置きくださいpaper

« 20150208@原 | トップページ | 2015年の静投連 »

釣技・考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20150208@原 | トップページ | 2015年の静投連 »