2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

野球・ソフトボール

2014年9月14日 (日)

土日の出来事

土曜日は小学校の運動会でした。
日に焼けて、立ちっぱなしで、ビデオ回して
それなりに疲れましたsweat01

今日、日曜日は、ソフトボールを2試合もやってきましたbaseball
投廻、人が少なかったので2試合フル出場です。
今日はバットにボールが当たってくれたおかげで、久々に気持ちィ~heart04って感触を味わい、沢山走って、良いトレーニングになりましたhappy01

ちなみに、バットは、ルイスビルスラッガーの「カタリスト*」を使ってますsign01
*2012年に発売された「てんとう虫」の復刻版(グリーン)

このバット、よーく飛ぶんですsign03
カーボンシートを何層も重ねて成型された「コンポジットバット」っていうヤツです。
まあ、釣り竿と同じだなhappy01

明日は島郷(海水浴場)で釣りする予定ですpaper

2014年9月 2日 (火)

<訃報>上甲監督

今日、愛媛県高校野球の名監督、上甲正典監督が逝去されました。

本当にびっくりしました。まだ67歳だったんですね。

私は、妻が愛媛県出身のため、愛媛県の野球について、いろいろ見たり、聞いたり、調べたりすることがあります。その中から、上甲監督のエピソードを一つ紹介します。

それは、私と愛媛のおじさん(親戚)がテレビで甲子園中継を見ながら交わした会話の中で聞いた話しです。楽天のドラ1ルーキー、松井投手が甲子園で愛媛県代表の今治西高戦で奪三振記録を更新した時でした。

おじさん:「甲子園に済美が出ていれば。。。」

投廻:「今年の済美はそんなに強かったんですか?」

おじさん:「安楽くんって本当にすごい1年生投手がおって、打つ方もすごいんよ!」

投廻:「なぜ、済美は今西に負けたんですか?」

おじさん:「まだ1年生だから将来もあるし無理させなかったんだよ。」

安楽投手の起用については、後に日米で大きな話題となりましたが、本当の上甲監督は、選手のことを最優先に考える素晴らしい指導者だったと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

2014年4月11日 (金)

長い一日でした

4月10日、朝、いつも通り会社へ

朝礼後、三島駅からfuji

20140410_fuji

新幹線に乗ってbullettrain

行った先は

20140410_tb

東京国際展示場(東京ビックサイト)

11時ぐらいから夕方まで

いろいろな会社の話しを聞いて回りましたhappy01

せっかく東京まで来たので

20140410_td

東京ドームへ寄り道して ジャイアンツ vs カープ 観てきましたbaseball

菅野投手の素晴らしいピッチングでジャイアンツが勝ちましたが

カープも素晴らしいプレーが沢山あり楽しい試合でしたhappy01

カープのエルドレッド選手

20140410_c55

デカイです(196cm 122㎏)

打席に立った時のオーラ

メチャクチャ打ちそうな感じでした

最終回、フェンス直撃の二塁打

もう少し打球が上がっていたら。。。

家に帰れなくなるところでしたcoldsweats01

2013年10月30日 (水)

アンドリュー・ジョーンズ 選手(楽天)

今、日本のプロ野球は、巨人と楽天の日本シリーズ開催中baseball

今年のプロ野球は、楽天が初めてリーグ優勝を果たした。

投廻、2003年3月7日、アトランタ ブレーブスのスプリングトレーニング(フロリダ)で

その原動力となった一人、ジョーンズ選手を観た。

その時の偉大なメジャーリーガーが10年後、

まさか日本でプレーするとは夢にも思いませんでした。

2003_0307_mlb

2003年のブレーブスでジョーンズと言えば

チッパー・ジョーンズ選手

そして、当時、投廻が一番注目したのは、対戦相手(マーリンズ)の捕手

イバン・ロドリゲス選手でしたsmile

ホームから座ったまま投げる超速い球を

生で観たことは、ちょっと自慢でしたhappy01

話しは変わって、今日、川上哲治氏、逝去のニュースが流れた。

ご冥福をお祈りします。

2013年10月 1日 (火)

投廻のバックグランド ~私の球歴~

(釣りの)ネタ切れなんで、ちょっと昔話を

お暇な人はお付き合いください。

1972年4月18日生まれの投廻

幼少時代は、細身だったが、背は高い方だった。

小3の時、静岡県駿東郡清水町に当時1チームしかなかった学童少年野球団に入団。

小4の夏、沼津市に引っ越したが、少年野球は清水町へ通い続けた。

中学時代は、学校の野球部(軟式)に所属。

小中時代は、一塁手で下位打線

なんとか試合に使ってもらえるレベルだったが

小6と中3では、チームの主将を務めた。

しかし、本当は、エースで4番になりたかった。

そこで、高校は、野球の弱い学校を選択した。

幸いにも投廻、義務教育課程の成績は、とっても優秀で(ちょっと自慢)、

静岡県東部の高校は、どこでも入学可能だった。

そして、志望校に入学して、硬式野球をすることができた。

でも、4番にはなったが、エースにはなれなかった。

ちなみに、ポジションは、チームの事情(弱い)でセカンド、ショートを守ったが、

守備が苦手な投廻、2年の冬、身体が丈夫で頭と運動神経が良い下級生に目を付け、

自ら毎日ノックバットを振り、ショートを育て譲った。

そして、3年最後の夏は、4番ファーストで出場した。

また、5年制の学校だったため、硬式野球は20歳まで続けた。

学校卒業後、会社に入り、硬式ソフトボールと25歳から草野球(軟式)を始めた。

途中、27~28歳の時、母校で高校野球の監督も経験した(ボランティア)。

29歳で大学に進学し、30歳で結婚

これを機に野球から足を洗った。

以上が、投廻の球歴。

現役当時のエピソードは、ネタ切れで気が向いた時にまた更新します。

ではpaper

2013年9月 7日 (土)

ハマスタへ行ってきました!

9/6(金)は午後から東京日本橋の本社へ出張でした。

東京日本橋、上からの景色eye

20130906_tokyo

せっかく東京まで来たので、帰りにちょっとハマスタへ寄り道sign01

20130906_

ベイスターズvs広島カープ を観戦しましたhappy01

広島カープの投手は、昨年のセリーグ新人王、野村投手baseball

余裕のピッチングで今シーズン10勝目かsign02と思ったら

投廻が注目する石川選手のタイムリーで逆転sign01

最後は、5-4でベイスターズが勝ちましたsign03

セリーグは、CSを賭けた熾烈な3位争いが今後の見どころですかなぁ。

ではpaper

2013年8月24日 (土)

もうすぐ夏も終わりですね

高校野球(甲子園)は、前橋育英の優勝で幕を閉じた。

そして、

MLBでは、ヤンキースのイチロー選手がプロ日米通算4000本安打を達成し、

NPBでは、楽天の田中投手が連勝記録を22まで伸ばした。

甲子園が終わり、プロ野球もシーズン終盤を迎えると

夏の終わりを感じる投廻、

40歳を過ぎてから、時間の流れが以前よりも、

更に早くなった気がする。

時間を大切にして

「できること」ではなく

「やるべきこと」と

何よりも「やりたいこと」を

後回しにぜず、行動に移したいと思った。

ではpaper

2012年12月28日 (金)

仕事納め

2012年仕事納めの今日、松井秀喜選手が引退を発表した。

元野球小僧のオジサンには少し寂しいニュース。

松井選手、お疲れ様でした。

2011年9月12日 (月)

プロ野球

今年のプロ野球も終盤戦に突入sign01

統一球の影響なのかsign02

例年とは全く違った試合展開が多い気がする。

パリーグの1位はソフトバンクできまりかsign02

2位の日本ハムはダルビッシュを中4日で登板させて意地を見せるも結果は●down

そして、3位争いは熾烈だ。

つづいてセリーグbaseball

歴史と記憶に残る成績を記録しているベイスターズsign01今年も指定席が決定的だ。

私の中では、Aクラスの当確ランプが点灯しているヤクルトも、10月の過密日程が気になるところ。しかし、阪神、巨人、中日の3強常連チームが冴えない状況を考えると、優勝の最有力候補はヤクルトかsign02

そして、忘れてはいけないのが広島カープ。Aクラス入りは恐らく厳しいが、福井君は新人王を取りそうな予感がする。

<どうでもイイホメーション>

最近、読書をする機会があり、自分で言うのも何だが、「ビジョナリーカンパニー(2)」というむずかしい本を読んだ。この本は、飛躍する企業の指導者と組織について書かれたもので大変勉強になる内容だった。そこで、プロ野球チームの飛躍について考えると現在、上位にいるチームは「適切な選手を選び、その後に選手に合わせて戦略を組み立てている」と思われる(結果的に)。そこには、監督の方針や球団の方針はあまり関係なく、選手自らが真のプロとして責任と規律があり、この規律こそがチームワークであると感じる。

釣りとは全く関係ない、どうでもいい情報(どうでもイイホメーション)でしたsmile

2011年5月16日 (月)

2011年NPBペナントレース序盤

たまには投げ釣り以外のプロ野球ネタでブログを更新baseball

序盤戦を終え、明日からセパ交流戦が始まる。ここまで、個人的には予想外の展開かなsign02 と思っている。

<セリーグ>

近年、セリーグは3強3弱がほぼ確立され、今年も例外なく3強3弱で決まりsign01と思っていたが、ヤクルトの強さは本物だup

しかし、広島のAクラス入りは、まだ予断を許さない状況(頑張っているが)。

そして、横浜も去年よりは強さを感じる(おそらく指定席で落ち着くだろうが)。

そして3強常連はどこかが最低1チーム、Bクラスに沈むと確信している。

私がそう感じる理由は、投手力を分析した結果、ヤクルトの投手陣は充実していると判断したからである。

また、打線は水物と昔から良く言われるように、阪神(昨年チーム打率1位)と巨人(昨年ホームラン数1位)は、非常に厳しいと判断する。原因は新ボールの影響か?主力選手の衰えか?それとも監督か?

<パリーグ>

戦前から最下位になる確立が一番低いチームは日ハムであると考えていたが、どこも優勝する可能性があると思っていた。

しかし、序盤を終えてオリックスはどうやら消えたようだ。

そして、西武が以外と苦戦している。

その他は予想通りの展開かsign02

話しは変わって、

横浜の石川選手(1番ショートのレギュラー)は、清水町少年野球団OBであることをつい最近知った。どうでもイイ話しだが、私も清水町少年野球団OBである(ちょっと自慢すると6年時は主将だったsmile)。今後、横浜ファンではないが、石川選手を注目(応援)したい。

交流戦が終わる頃、またプロ野球ネタでブログの更新を検討中sign01

次回は、注目のルーキー(斉藤投手、沢村投手、県内出身の牧田投手。。。)ネタか特定チームに絞ったネタにしようかなsign02

より以前の記事一覧